オンラインストレージの気になるセキュリティ

オンラインストレージが、スタンダードな状態になっている昨今ですが、あまり詳しくない方にとっては、セキュリティ面は大丈夫なのかという不安があると思います。

しかしながら、自宅や会社などで、外付けHDDなどを取り付けてバックアップや、重要なデータを保存すれば安心できるでしょうか?
それだけのセキュリティが、会社や個人のPCので確保できている保証はどこにもないのです。

ここでは、ストレージサービスのセキュリティについて紹介していきましょう。

オンラインストレージの情報漏えいのリスク

ストレージサービスでは、メールでは添付できないような大きなデータのやり取りや、ファイルの共有ができるというメリットがあります。
ただ、選択するストレージサービスや、共有設定によって、重要な情報が漏洩してしまうリスクも抱えているのです。

こういったことが起こるのは、やはりストレージサービスの共有許可などの設定に関して、ユーザーが十分な知識を得ていないために起こるトラブルです。

IDとパスワードの設定を個々にさせたり、共有する場合には、編集権のない閲覧のみにする。
他にも、本当にごく一部の人間にのみ情報を提供するといった工夫によって、情報漏えいを防ぐことができます。

オンラインストレージの内部から情報漏えいする

他にも、共有する人間の選択を誤ってしまったことによって、機密情報などが漏洩したケースが挙げられています。
管理者が徹底したセキュリティ対策をしていても、共有しているユーザーが同じようになっているとは限りません。

結果、共有ユーザーを元にして、IDやパスワードの情報が盗まれ、それを使われて、機密情報の情報漏えいが繋がるパターンもあります。
むしろ敢えて、お金になるからと、そういった情報を売ってしまうような身内がいる場合もあるのです。

やはり共有する人間は、しっかりと選定することが大事であり、共有するにしても、あまり責任感の薄い人間には、一部のデータしか閲覧できないようにしておくことが大事でしょう。

SSLのないストレージは結構やばい

他にも暗号化通信であるSSLを採用していないストレージも危険です。
SSLが導入されていないのであれば、ネットワーク通信は盗聴される恐れが非常に高いです。

こういった環境の中で、個人情報はもちろん、機密情報を扱うのは、危険極まりないことですから、絶対に止めましょう。
もしもビジネスなどで扱うのであれば、SSLを採用している信頼のおけるストレージサービスを利用すべきでしょう。