バックアップにオンラインストレージが必要な理由

現代ビジネスにおける欠かすことのできないツールといえば、パソコンではないでしょうか。

近年では、不動産屋で部屋を探すにしても、紙面ではなく、大画面のパソコンを使って、間取りや外観の写真などを閲覧させ、紹介するといった営業スタイルです。

一昔前は、大きな棚に分厚いファイルがこれでもかと並び、その中から、希望条件に見合った物件を営業担当が探しだし提案したものです。
今では、条件設定や地図などをクリックすれば、簡単に探すことができるのだから凄い時代です。

このパソコン社会に多大な恩恵を与える存在がオンラインストレージです。
ここでは、パソコン社会には、欠かすことができないストレージサービスについて紹介していきます。

現代の書類は全てデータ化されるバックアップ保存をしておく

現代のビジネスにおいて、前述にある通り、必要書類などは、全てデータ化されているのがスタンダードです。
これによって、探す手間が省けたり、大量の書類を保存するためのスペースを設ける必要もなくなりました。

文書データはもちろんのこと、画像や音楽、映像に至るまで、さまざまなデータを管理できてしまうのです。
それこそこれまでは、文書データならファイルに。
音楽データならCDに。
映像ならDVDといった具合に保存媒体を選んだものですが、そういったものも一切関係ありません。

外付けのHDDにバックアップ用として保存をしたり、もしもの時用にDVDに焼くといったものも推奨されていますが、落としたりして破損をした場合、データの全てが消失するというリスクがあるのです。

ストレージ以外は物理攻撃に弱い

HDDやDVDに保存をし、もしもの時に備えるのも良いでしょう。
しかしながら、これらのメディアでは、もしもの時に対応できるでしょうか。

これらのメディアは、どれも物理攻撃に弱いということです。
攻撃というと語弊がありますが、ショックや衝撃に弱いという一面があるので、もしもの時のバックアップとしては心もとないのです。

ストレージサービスなら、提供している企業のサーバルームに厳重に保管されていますし、メンテナンスも定期的に行われている。
その上、停電があっても非常用電源がある。
あらゆる物理面での対策がなされているので、一番安心なのです。