初心者向けのストレージサービスの活用方法

オンラインストレージって難しそう。
そんな方は未だに多いです。
知らないからといって、何も恥じることはありません。

近年では、特にインターネット関連の技術は、本当に何ヶ月単位で新しい技術が開発され、発表されている世界です。

オンラインっていうのは、インターネットのことでしょう?
ストレージって何か分からないよ。
こんな初心者の方でも、十分にこのサービスの恩恵に預かることができるストレージサービスの使い方についてここでは紹介していきましょう。

写真や動画の受け渡しツールとして利用する

このストレージサービスをビジネスマン以外の主婦層などが使う方法としては、やはり、写真や動画などの受け渡し用でしょう。
これまで写真の受け渡しといえば、デジカメのデータから、パソコンに抽出してプリントアウトして渡す。

DVDなどに焼いて渡す。
SNSの自分の写真フォルダにアップするといった方法があったわけですが、ストレージサービスがあれば、フォルダを作り、写真や動画をアップして、その人に共有権限を与えるだけです。

SNSでもいいのですが、個別に閲覧許可制限を掛けるなど、細かな設定はできないことが多いもの。
特定の友人だけではなく、友人全体に閲覧されてしまうわけですから、プライバシーの保護はできませんよね。

ストレージサービスなら、特定の人一人だけでも共有ができるので、こういった場合には便利なのです。

長年蓄積されたデータの保存を怠らないようにしよう

近年では、写真などに残すといったことは、ほぼしなくなりましたね。
全てはデジカメなどからデータ抽出し、自身のパソコンのハードドライブに保存をしたり、DVDなどに焼いて保存をするといった方法でした。

デジタル化して、管理は楽になったものの、やはり数十年分のデータとなると、DVDが山のように積み重なります。
ストレージサービスなら、そんな必要は全くありませんし、無料で足りないのであれば、有料にアップグレードする。

それが嫌なら、無料のアカウントを必要なだけ作成すれば、いくらでもデータが保存できますから便利なのです。

このように一生残したいデータの保存をストレージサービスなら、何のストレスもなく、行うことができますから、とっても便利なんですね。

自身のパソコンのHDDや外付けHDDなんてものに保存をする方法もありますが、停電が起こったり、不測の事態で衝撃が与えて、全てがパーになるといったことも珍しくありませんから、一生残したいデータの保存はストレージサービスが適しているのです。